BLOG

302リダイレクトとは

SEO基礎知識

302リダイレクトとは

301リダイレクトは「恒久的な転送」を意味していますが、「一時的な転送」の場合には302リダイレクトを使用します。302 リダイレクトとは、一時的なリダイレクトのことをいいます。302 はステータスコードで、ページが一時的に移転したことを通知するコードです。このステータスコード302を返すことで検索エンジンのクローラーにドメインや特定ページが一時的に移転したことを通知できます。302 リダイレクトは、Webサーバのメンテナンスやリニューアルなどで、一時的にサイトを転送させたい時に使用されます。

301リダイレクトとの違い

最も大きな301リダイレクトと302リダイレクトの違いは、301リダイレクトが恒久的なのに対し、302リダイレクトは一時的だということです。301リダイレクトの具体的利用ケースは以下のような場合です。

・サイトを新しいドメインに移動する場合

・複数の異なるURLでサイトにアクセスできる場合(正規化)

リダイレクト元のページはインデックスされなくなります。サイトを移転した場合を例にとると、301リダイレクトの場合、元のサイトを検索した時の検索結果に元のサイトのURLは表示されず、リダイレクト先のURLが表示されます。302リダイレクトは具体的には以下のような場合です。

・メンテナンス中にお知らせページへリダイレクトする場合

・サーバエラー時にエラーページにリダイレクトする場合

・モバイル向けサイトへリダイレクトする場合

一時的なリダイレクトなのでリダイレクト元のページはインデックスされ続けます。302リダイレクトの場合、元のサイトを検索した時の検索結果には元のサイトのURLは表示されます。

302リダイレクトまとめ

以前は302リダイレクトを使うと PageRank(やリンクなどそのほか)の評価が引き継がれないというデメリットがありましたが、この仕様も現在は変わっています。
301 も 302 もどちらも完全に PageRank を渡します。

なので目的によって301と302を上手に使い分けることが大切です。
SEO CONTACT

SEOやリスティング広告運用に
お困りの方は、気軽にご相談ください!

SEO MAILMagazine

定期的にSEOに関する
お得な情報を配信しております!

PAGE TOP