free web hit counter

BLOG

canonicalとは

SEO基礎知識

canonical属性とは?

「canonical属性」(カノニカル属性)は、URL正規化のためのタグです。URLの正規化とは、同じコンテンツを表示する複数のURLのうち、1つの正式なURLとみなすような検索エンジン向けに記述する方法です。たとえば、以下のような場合、表示されるページの中身が同じでも、複数のURLが考えられます。

WWWの有無

同じページを表示するwww.example.com  /  example.com というURLがある時、これらのURLはGoogleにとっては異なるページとして認識される場合があります。canonical属性を使用することで、分散した評価を1つのURLに集約して統合することが出来ます。canonical属性は<head>内に、<link rel=”canonical” href=”https://example.com”>のように統一したいURLを指定して記述します。

例を挙げると、www.example.comに4本の被リンクがあって、example.comに3本の被リンクがあったとして、www.example.comの<head>内に<link rel=”canonical” href=”https://example.com”>とcanonicalでexample.comを指定してあげることで、被リンクがexample.comに集約され7本の被リンクを持つことになります。

ただし気をつけたいのは、SEO価値のないページ同士だと、いくら正規化しても、トラフィック改善やコンバージョン改善にほとんど効果がないという点です。なので評価を集約しようと、やみ雲に沢山のページにcanonicalを書くのではなく、あくまで内容が重複しているページにのみ限定して書くようにしましょう。

<おすすめのSEO関連記事>

【SEOを検討中の方へ】金沢のプロ集団がSEOの極意を語ります
SEO対策は自分でできるのか?
SEOでの正しいキーワードの選び方とは
コンテンツSEOを進めるべき理由

 

SEO CONTACT

SEOやリスティング広告運用に
お困りの方は、気軽にご相談ください!

SEO MAILMagazine

定期的にSEOに関する
お得な情報を配信しております!

PAGE TOP