free web hit counter

BLOG

ROI・ROASとは

SEO基礎知識

広告運用の指標として良く用いられるROIとROASについて詳しく見ていきましょう。

ROASとは

「ROAS(Return On Advertising Spend)は投資の何倍利益が上がったか、つまり投資した広告費用の回収率のことです。広告費1円当たりの売上額を示していて、この値が高いほど費用対効果が高くて効果的な広告運用ができているということになります。

「ROAS」の計算式

  • ROAS = 売上 ÷ コスト × 100(%)

ROASは上記の式で表すことができて、売り上げが100万円で、広告運用費が20万円だった場合のROASは、100(万) ÷ 20(万)  × 100 = 500%  です。

これは、広告費1円当たり5円の売り上げがあったということを表します。

ROIとは

一方で「ROI(Return On Investment)とは1クリックあたりの投資効果を利益ベースで表す指標のことです。

 

ROIの計算式はROASに比べると少し複雑ですが、全然難しくはありません。

「ROI」の計算式

  • ROI = (CV数  × 平均利益単価コスト )  ÷ コスト × 100%

CV数はコンバージョン数のことで、どれだけ契約があったか、商品が売れたのかを表す指標です。

たとえば、広告費100万円を掛けて、平均利益単価5000円(商品一個当たりの利益)の商品が400個売れたとします。

すると、上記の式に当てはめると

ROIは、(400 × 5000円 – 100万円) ÷ 100万円 × 100%) = 100%です。

これは、広告費1円あたり1円の利益を出しているという意味で、この場合残念ながら広告費を回収して利益を上げることはできませんでした。

具体的な使用例

では、次に具体的な例を基に、ROASとROIについて見ていきましょう。

広告費20万円をかけて広告経由で4000円の商品が100個売れました。

この商品の平均利益は一つあたり1000円で、合計売上は40万円でした。

  • 広告費              20万円
  • 平均利益単価   1000円
  • 売れた数(CV)   100個
  • 売上                   40万円

なので、

ROASは、40万円  ÷ 20万円 × 100% = 200%となります。

これは広告費1円当たり2円の売り上げがあったということです。

ROIは、(100個 × 1000円 - 20万円)  ÷ 20万円 × 100% =-50%です。

これは広告費1円あたり0.5円の損益を出しているということになります。

 

このように、ROASとROIを比較してみることで、広告費以上の売り上げは上がっているけれど、利益は広告費を下回っているからビジネスとしては失敗だということが分かります。

【SEOを検討中の方へ】金沢のプロ集団がSEOの極意を語ります

SEO CONTACT

SEOやリスティング広告運用に
お困りの方は、気軽にご相談ください!

SEO MAILMagazine

定期的にSEOに関する
お得な情報を配信しております!

PAGE TOP