free web hit counter

BLOG

SEMとは

SEO基礎知識

「SEO」に比べ少し聞きなれない「SEM」というWebマーケティングの用語について基本的なところを確認していきましょう。

SEMとは

SEM(Search Engine Marketing)とは、直訳すると、検索エンジンマーケティングで、検索エンジン経由でWebサイトへの来訪者を増やす、来訪者を増やして彼らから得る利益を増やすなど、検索エンジンを利用して展開されるマーケティング手法のことを指します。

基本的にGoogleやYahoo!などの検索エンジンから、自社のWebサイトへのアクセスを増やすマーケティング手法はすべてSEMと言います。

SEOとSEMの違い

SEOとSEMの大まかな違いは、SEMはSEOを内包しているという事です。SEMはSEOの上位概念だと覚えておきましょう。

SEO(Search Engine Optimization)もSEMと同じく、「サーチエンジンからの訪問者を増やすこと」を目的としたマーケティング手法ですが、SEOはキーワードの分析や記事構成の改善など、ウェブマーケティングのごく一部の手法のみを指す言葉といえます。サーチエンジンからの訪問者を増やすウェブマーケティング手法をSEMと呼び、SEMの一手法としてSEOがあるということです。

SEMの種類

SEMには主にSEOリスティング広告という2つの要素があります。

SEO

既にご存知の方も多いと思いますが、ここでSEOについてのおさらいです。

SEOとは、検索エンジンの最適化のことです。GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果ページで、自らのWebサイトがより上位に表示されるようにWebサイトを最適化して、ユーザーのアクセスを促進するというWebマーケティング手法のことです。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索結果に表示される有料の広告枠のことです。検索結果のインデックスよりも上部に表示されます。

あるキーワードで検索をした場合に、必ず検索結果画面に表示させたいのであれば、この広告枠を購入すれば良いということになります。 検索結果に対し、1クリックごとに支払いが発生するCPC(Cost Per Click)という課金方法で掲載できる広告で、掲載順位が高いほど1クリックあたりの単価は高くなる傾向にあります。実際の課金金額は、1クリックあたりに対し払える金額と広告の品質(広告のクリック率等)を考慮し決定されます。

まとめ

ユーザーは基本的に広告をスルー傾向が高いのでSEOの検索結果のほうが、リスティング広告よりもページの下に表示されているにも関わらずクリック率はリスティング広告よりも高いです。

自社の製品やサービスをユーザーに宣伝するためには、SEMをしっかりとすること、すなわちSEOもリスティング広告を正しく活かす戦略が重要になってきます。

【SEOを検討中の方へ】金沢のプロ集団がSEOの極意を語ります

SEO CONTACT

SEOやリスティング広告運用に
お困りの方は、気軽にご相談ください!

SEO MAILMagazine

定期的にSEOに関する
お得な情報を配信しております!

PAGE TOP