free web hit counter

BLOG

URL正規化とは

SEO基礎知識

URLの正規化をすることによって、あなたのサイトの評価を高めることができるかもしれません。

URL正規化とは

URLの正規化とは、重複する、または類似のコンテンツのリンクのシグナルを統合する事を意味します。

Googleは、Webサイトを巡回中にコンテンツが同じ異なるパターンのURLを見つけた場合、それぞれ独立した異なるページとして認識してしまうことがあります。なので、もし「www.」ありの場合となしの場合で、同じコンテンツが表示されるのであれば、canonical属性を指定した方が良さそうです。

「www.」あり、なしのリンクが混在してしまった場合には、どちらのページにもページランクが付与され、評価が分散してしまいます。このようなケースでは、canonical属性を指定しておくことで、分散した評価を集約して統合することができます、canonical属性は<head>セクションに以下のように記述します。

<link rel=”canonical” href=”評価を統合したいページのURL(絶対パス)”/>

URL正規化の注意点

URLの正規化をする際には以下の点に注意をしましょう。

・ページ上に複数のrel=canoniaclがないか

複数のrel=canonicalの記述があった場合は無視されます。

・指定したページが存在するか

指定したページがなかったらURLの正規化をしても意味がありません。

・指定したページでnoindexが指定されていないか

noindexは、正規化したURLをインデックスさせないという意味になり、検索結果に表示されない可能性があります。

・重複ページの内容と正規化したURLの大部分が同じであるか

扱うトッピクは類似したものであっても、まったく同じ単語や文章でなかった場合には、canonical属性の指定は無視されるかもしれません。

・指定したURLは検索結果に表示させたいURLであるか

誤って正規ではないほうのURLを指定していないか、確認しましょう。

【SEOを検討中の方へ】金沢のプロ集団がSEOの極意を語ります

SEO CONTACT

SEOやリスティング広告運用に
お困りの方は、気軽にご相談ください!

SEO MAILMagazine

定期的にSEOに関する
お得な情報を配信しております!

PAGE TOP